知り合いの娘さんが一人暮らしを始めたそうです。
今年から大学生で、自宅から通っていたそうですが少し遠いため家を出る事になったそう。

一人娘で、かなりの溺愛っぷり(特にお父さん)だったので絶対寂しいだろうな。
住むマンションもお父さんが物件選びに付き添い、安全なセキュリティのしっかりした部屋にしたそうです。

勿論、部屋の敷金やら引越し代やら全部パパ持ちらしいですが、引越し単身パックで驚くほど安かったみたい。
奥さんは、お金浮いたって大喜びだったのに、パパはその安さが逆に気に入らなかった様子。
なので、部屋の家具類をすごく高いの買ってあげたそう。奥さん怒ってましたもん。
だって、餞別にってブランドのバッグもねだられて買ってあげたそうだし、甘やかし過ぎ!

まだ学生のうちにそんな贅沢覚えてしまったら社会人になったら大変だと思うけどな。
私なんかは、高校時代のおこずかいはバイトしてたから貰わず、そのバイト代は卒業後の家出る資金に貯めてましたよ。
高校卒業してからは親に一円ももらってませんね。高校まで通わせてもらって感謝してたし、それが普通やって思ってたし。
でも、もっと昔は子どもの時から家計を助けてたりしたんだろうから、やはり時代の流れですね。

息子が引っ越しの際アリさんマークの引越社にお願いして、よくやってくれたというので、見積もりを頼むことにしました。
4LDK1戸建てで、25年ほど住みつづけていたこともあり、荷物が多く、また、道が狭いということで2トントラックが限界だと言われ、2トントラック2台でお願いしました。

息子もアリさんマークの引越社で引っ越しをお願いしたことを話すと割引してくれ、これ以上は無理と言われたので、20万円で契約しました。

当日は若い引っ越し作業員の方が3人出来て下さり、迅速な作業で引っ越し業務を行ってくれました。
今までは何度もトラックを借りて自分たちで引っ越しをしてきましたが、初めて業者さんにお願いしてみて、本当に私たちは何もすることがなく、むしろ手伝うのは邪魔なのではないかと感じるほどでした。

息子の話は聞いていましたが、本当にプロの仕事という感じで非の付けどころがなかったです。
もう引っ越すようなことはないかもしれませんが、次回があるのならまたアリさんマークの引越社にお願いしたいと思っています。

【参照】http://www.onowallpaper.com/